オリゴ糖とコレステロールの関係

コレステロールは血管をつまらせる原因になるため、血液中のコレステロールは少なくするべきだとされています。それを減らすための方法の1つとしてオリゴ糖の摂取があります。今回はオリゴ糖とコレステロールとの関係について紹介していきます。

そもそもコレステロールとは

まず、そもそもコレステロールとは何なのかといった点について紹介したいと思います。コレステロールが生体内で果たす役割や、コレステロールが高いといけない理由などを紹介していきます。

コレステロールの役割

コレステロールは様々なところで悪者扱いされています。健康診断などにおいては、LDLコレステロールやHDLコレステロールは、ほとんどの場合で検査対象となっていますし、「メタボリック・シンドローム」の診断基準においても、コレステロール値が含まれています。まるで人間の体には不要なものであるとばかりにコレステロール値を下げるように促されます。

しかし、人間の体にとってコレステロールは、決して不要なものではありません。むしろ不可欠な栄養素です。それはなぜなのでしょうか。答えの1つは、コレステロールがホルモンの生成に関わっているからです。たとえば、人間の血糖値が低下している時に、体の中に蓄えている糖を分解して血糖値を高める働きのあるホルモン(糖質コルチコイド)や、血圧が低下した際に、それを元に戻す働きのあるホルモン(鉱質コルチコイド)はコレステロールが材料となっています。また、性ホルモンであるテストステロンやエストロゲンもコレステロールを材料としています。つまり、ホルモンの合成のためにも、コレステロールは必要なのです。

そのほか、コレステロールは脂肪の代謝も助けています。脂肪を吸収するために必要な胆汁酸を作るのに、コレステロールが必要だからです。胆汁酸は、肝臓においてコレステロールから作り出され、胆嚢に蓄えられた後に分泌されます。食事に含まれている脂肪を乳化し、消化酵素が働きやすくする作用があります。胆汁酸は脂溶性ビタミンの吸収の際にも効果を発揮するため、人間にとっては欠かすことのできない非常に重要な成分なのです

このように、コレステロールの果たす役割は多くあり、まったく必要ないという栄養素ではありません。問題はコレステロールが高くなりすぎることなのです。では、コレステロールが高いとどのような障害が現れるのでしょうか。次で紹介します。

コレステロールが高いとどうなる?

コレステロールが高い場合の弊害として、真っ先にあげられるのが冠状動脈性疾患でしょう。これは、心臓に十分な血液が送られない場合に発生します。その原因の1つにコレステロールがあるのです。心臓に血液を送っている血管を、コレステロールが詰まらせることによって引き起こされるためです。高血圧などの何らかの原因によって血管に傷ができると、その傷からコレステロールが入り込み、そのコレステロールは酸化され、最終的にはプラークになります。こういったことが重なると、どんどん血管が詰まっていき、最終的には心筋梗塞などの冠状動脈性疾患を引き起こしてしまうのです。

実際の研究においても、血液中にHDLコレステロールが少ない場合[1]や、LDLコレステロールが多い場合[2]などに冠状動脈性疾患のリスクが高まることが知られています。HDLコレステロールは、いわゆる善玉コレステロールと呼ばれるもので、血管などからコレステロールを回収して肝臓に戻す働きがあります。いわば血管の掃除屋です。そのため、このHDLコレステロールが少ないとリスクが高くなります。それに対してLDLコレステロールは、いわゆる悪玉コレステロールと呼ばれているもので、肝臓から血管などにコレステロールを運ぶ働きをします。つまりHDLコレステロールの逆ですね。だから、LDLコレステロールは高いと問題なのです。

一般にコレステロールが高いといった場合は、LDLコレステロールが高いということを意味します。そんなLDLコレステロールを下げる方法には食事療法や運動療法など様々ありますが、今回はその中からオリゴ糖による方法をご紹介します。

オリゴ糖の摂取はコレステロールを低下させる

まずは、オリゴ糖についてかんたんに説明しておきます。オリゴ糖というのは、その名称からもわかるように糖の一種で、砂糖やブドウ糖の仲間です。ブドウ糖や果糖などの単糖類が、3個から10個程度結合することによって構成されます。

オリゴ糖と特徴は、その消化のされにくさにあります。通常の糖だと容易に消化されてしまう場合でも、オリゴ糖は消化されません。そのため、通常の糖と比べてエネルギーになりづらく、太りにくいという特徴があります。またそれだけでなく、腸内環境を改善し便秘を解消するなどの働きももっています。この腸内環境を改善する働きによって、コレステロールを低下させることができると考えられているのです。

男性6名、女性6名の合わせて12名のボランティアを対象に行った研究では、オリゴ糖の投与によって、便中へのコレステロールの排泄が増加したことが観察されています[3]。この研究はフランスのサン・ラザール病院で行われました。

研究期間を10週間とし、その期間を3つの期間に分けました。最初の1-2週間はベースライン期間として、これまでの食事の影響を取りぞくために設けられました。オリゴ糖のコレステロール代謝への影響を観察する際に、腸内環境を整える作用のある食べ物、たとえば乳酸菌の入った食品やオリゴ糖が含まれる食品などを以前から摂取していると、正しい研究結果が得られません。そのため研究の最初にベースライン期間を設けることでその影響が取り除かれました。次の3-6週間目にはオリゴ糖が与えられました。朝食の後と夕食の後にそれぞれ8グラムのオリゴ糖を摂取しました。そして最後の7-10週間目はフォローアップ期間として、経過を観察するために設けられました。それぞれの期間の終了時、つまり2週間目と6週間目、10週間目に便を3回、48時間に渡って採集しました。そして、それぞれの期間における便中に排泄されたコレステロール量などを比較しました。その結果が次のグラフです。

図:便中コレステロールに及ぼすオリゴ糖の効果(出典[3]

期間によって棒グラフが色分けされています。左からベースライン期間(Basal period)、オリゴ糖を投与された期間(scFOS)、フォローアップ期間(Follow-up period)です。グラフの横軸は、コプロスタノール(Coprostanol)、コレスタノール(Cholestanol)、コレステロール(Cholesterol)、ケトン(Ketones)です。

このうち、期間によって排泄量に大きな差が見られたのはコレステロールです。ベースライン期間とフォローアップ期間に排泄されたコレステロールの量に違いは見られませんが、オリゴ糖を投与された期間ではその量は跳ね上がっています。つまり、オリゴ糖を摂取することでコレステロールの排泄が高まったことが示されているのです。

このようになった理由は明確にはわかっていません。ただし、胆汁酸の代謝に関係しているのではないかと考えられています。胆汁酸はコレステロールの吸収にも必要な成分ですが、この生成を抑制する働きのある腸内細菌を、オリゴ糖が増加させた可能性があります。その結果として、コレステロールの便中への排泄が増加したと考えられているのです。

まとめ

今回はオリゴ糖とコレステロールと関係を紹介しました。コレステロールは人間の体にとって不可欠な栄養素ですが、増えすぎは困りものです。冠状動脈性疾患などの原因になるからです。そんなコレステロールの増加をオリゴ糖が抑制できる可能性があります。オリゴ糖を摂取することで腸内環境が正常化され、コレステロールの排泄が増加するためです高コレステロール血症の予防や治療に対してオリゴ糖の活用が期待されています。

参考文献

[1] Assmann, Gerd, and Helmut Schulte. "Relation of high-density lipoprotein cholesterol and triglycerides to incidence of atherosclerotic coronary artery disease (the PROCAM experience)." The American journal of cardiology 70.7 (1992): 733-737.

[2] Manninen, Vesa, et al. "Joint effects of serum triglyceride and LDL cholesterol and HDL cholesterol concentrations on coronary heart disease risk in the Helsinki Heart Study. Implications for treatment." Circulation 85.1 (1992): 37-45.

[3] Bouhnik, Yoram, et al. "Four-week short chain fructo-oligosaccharides ingestion leads to increasing fecal bifidobacteria and cholesterol excretion in healthy elderly volunteers." Nutrition Journal 6.1 (2007): 42.