人気のオリゴ糖商品を比較しました。

1位

オリゴ糖と黒ごまでスッキリパワー! 黒ごま&オリゴ

オリゴ糖によるスッキリパワーと黒ごまの健康サポートで、すっきり綺麗を手に入れる!

黒ごま&オリゴには乳糖果糖オリゴ糖が配合されているほか、女性の美容をサポートする健康美容成分が豊富に含まれている黒ごまを使っています。効果的な栄養やこだわりの栄養を補給し、体の内側から健康と美容をサポートしてくれます。

乳糖果糖オリゴ糖や黒ごまパワーを凝縮!

ビフィズス菌をサポートする乳糖果糖オリゴ糖と、健康的な黒ごまを配合!

美味しく補給できるこだわりの原料

ミネラルが豊富な沖縄県産の黒糖とカンガルー島のはちみつを使用しています。

続けやすい商品へのこだわりがたくさん!

低カロリーで尚且つ美味しく、持ち運びしやすい包装で作られています。

  • オリゴ糖
    の種類

    乳糖果糖オリゴ糖

  • 内容量

    10本/1袋 約5~10日分
    ※1日1~2本

  • タイプ

    液状

  • 定期価格

    1ヶ月(3袋)コース
    2,332円(税込)
    【送料】無料

2位

これでスッキリ!オリゴ糖で快適な生活を カイテキオリゴ

善玉菌をオリゴ糖でサポートし、苦労してきた便秘ともお別れしましょう!

善玉菌をオリゴ糖でサポートし、苦労してきた便秘ともお別れしましょう! 加齢に伴い、ビフィズス菌の数が減少してしまいますが、オリゴ糖を摂取し、ビフィズス菌の働きをサポートしてあげる事により、体内環境をすこやかに整えてくれます。体の外ではなく、内側から綺麗にしていきます。

善玉菌をサポートして中から綺麗に

オリゴ糖による善玉菌のサポートで、体の中から体調を整えられる

高品質で安心してご利用出来る

信頼の高品質により、赤ちゃんから高齢者、妊婦さんまでご利用可能

今までの悩みを一気に解決

便秘に悩まされた方も、朝のすっきり感で、気持ち良くなれます

  • オリゴ糖
    の種類

    ラフィノース・ミルクオリゴ糖・乳糖・セロオリゴ糖

  • 内容量

    150g/1袋 約30日分
    ※1日5g

  • タイプ

    粉末

  • 通常価格

    2,838円(税別)

  • 定期価格

    [毎月お届け]
    2,554円(税別) ※10%OFF
    [3ヶ月毎お届け]
    2,412円(税別) ※15%OFF
    [年間購入]
    2,270円(税別) ※20%OFF

    【送料】
    ポスパケット:全国一律181円(税別)
    宅配便:一律426円(税別)※北海道内287円(税別)

3位

頑固で弱いお腹とはオリゴ糖でおさらば! オリゴのおかげ

オリゴ糖は頑固、弱々しいお腹を腸内環境を整え、サポートしてくれます。

オリゴのおかげは低カロリーで飲みやすい甘みにより、続けやすい特徴があります。オリゴ糖によりビフィズス菌の働きを助け、すっきりしないお腹、ハリが目立つお腹の悩みを解決に導いてくれます。

信頼出来る整腸効果

特定保健用食品として認められ、整腸効果への信頼があります。

続けやすい飲みやすさ

17kcalと低カロリーで、ほのかな甘みで飲みやすく続けやすいです。

小分けで便利、衛生面でも安心

6gで小分けされ、使い切りなので、携帯も出来て衛生的です。

  • オリゴ糖
    の種類

    乳果オリゴ糖

  • 内容量

    6g×30本 約30日分
    ※1日1本

  • タイプ

    顆粒

  • 価格

    通常 1,780円(商品1,480円+送料300円)

    [毎月お届け]
    1,632円(送料・税込み)
    ※アンケート回答で2回目お届け分500円OFF
    [3ヶ月毎お届け※3ヶ月毎に3袋ずつのお届け]
    1,358円※1袋あたり(送料・税込み)
    ※アンケート回答で2回目お届け分500円OFF

4位

オリゴ糖で解決!毎朝ドッサリで快適な生活に はぐくみオリゴ

濃密なオリゴ糖でお腹の悩み、便秘の辛さを解決に導きます

便秘やガサガサ、お腹のハリは体の巡りが悪いのが原因です。解決にはオリゴ糖で体内の環境を整え、スッキリ出来る体作りをする事です。オリゴ糖で善玉菌を育て、どっさりスッキリな朝を迎えてみましょう。

独自のブレンドで高純度なオリゴ糖を

濃密かつ高純度なオリゴ糖を、独自のブレンドで作り上げました。

善玉菌をサポートしてスッキリのお腹へ

オリゴ糖で善玉菌を助け、スッキリしたお腹とドッサリ出来るお腹に!

赤ちゃんにも大切な成分をサポート

赤ちゃんの善玉菌をサポートし、快適な腸内環境に

  • オリゴ糖
    の種類

    ガラクトオリゴ糖・キシロオリゴ糖・ラフィノース
    フラクトオリゴ糖・乳果オリゴ糖

  • 内容量

    150g/1袋 約15日分
    ※1日10g

  • タイプ

    粉末

  • 定期価格

    通常3,680円(税込)
    1,840円(税込)
    ※初回限定50%OFF 2回目以降2,944円

    【送料】無料

オリゴ糖選び3つのポイント

継続的に飲み続けられるオリゴ糖商品を選びましょう

オリゴ糖を摂っていく事では、毎日習慣的に飲む事が大切です。なので、美味しい・飲みやすいと理由は何でも良いです。続けやすい商品がおすすめです。

安全性の高いオリゴ糖商品かどうかを見極めましょう

商品の中には、自然由来の素材を使い、無着色で無香料のものもあります。このような商品は安全性が高く、赤ちゃんや高齢者でもお使い頂けます。

カロリーをチェックして商品を選びましょう

オリゴ糖商品で、カロリーに違いがあります。中には20カロリーを下回る低カロリー商品もありますので、ダイエット中の方は注目して選びましょう。

オリゴ糖 Q&A

Q. オリゴ糖を摂取する期間の目安は?

A. これといって決まった期間はありません。オリゴ糖でお腹の調子が良くなるのには個人差があります。オリゴ糖を善玉菌のエサとして摂取しても、腸内の善玉菌が少なければ善玉菌が増えるのに時間がかかり、効果が見られるのは遅くなってしまう場合があります。1ヶ月摂取して効果が実感出来なくても、3ヶ月使い続けて効果を実感出来たというケースがあります。

Q.ダイエットをしているのですが、太りませんか?

A. ダイエット中でもお使い頂ける商品があります。1日の使用量に対するカロリーは商品により異なりますが、少ないものでは20kcal程度の商品もあります。もし、ダイエット中だけどオリゴ糖を摂取して、お腹の調子を整えたいという場合は、そのような低カロリーの商品を選ばれるのが良いでしょう。

Q. 赤ちゃんに飲ませる事は出来ますか?

A. オリゴ糖を摂取出来る商品は、赤ちゃんに飲ませても安全なものが多いです。赤ちゃんも体質や栄養不足によって、悪玉菌が増える心配が少なからずあります。お腹にハリが見られてくるのが原因の一つです。自然由来の原料を使い、無着色、無香料の製品は安全性が高く、赤ちゃんや高齢者まで安心してご利用出来ます。もし、赤ちゃんにも飲ませたいという場合には、念のためにお問い合わせ頂くのが安全です。

Q. 何時に飲むのが効果的ですか?

A. 1日のいつに飲む事でも大きな違いがありません。ただ、腸内環境を良くしたいという事では、1日に欠かさず飲んで、それを毎日続けて行くのが良いです。粉末タイプの場合、朝の牛乳やコーヒーなどに混ぜるのを習慣にすると、飲み忘れがなくなります。持ち運びが出来る商品だと、外出先でも気軽に飲めるので便利です。

Q. ポッコリお腹の原因はなに?

A. ガスが溜まった様なポッコリお腹の原因は、悪玉菌が関係しています。悪玉菌が腸内で増えるとメタンガスを発生させてしまい、お腹がポッコリとしてしまうのです。悪玉菌が増える要因は、食生活が偏ったりしていて、善玉菌の量が増えなかったり、運動不足やダイエットも関係しています。そこで、オリゴ糖で善玉菌の働きをサポートしてあげて、悪玉菌とのバランスを整える事が大切なのです。

Q. 粉末タイプと飲料タイプはどっちが良い?

A. 粉末タイプと飲料タイプで、どちらが良いという事はありません。飲みやすいと思われる方を使われるのが良いです。粉末で飲む商品は、飲み物や食べ物に混ぜて摂る事が出来ます。飲料タイプだと、外出先でも飲みやすかったり、ジュースみたいな感覚で飲む事が出来たりします。ご自身の生活に合ったタイプを選ばれるのがおすすめです。

Q. オリゴ糖と食物繊維で違う事はある?

A. 食物繊維も腸内環境を整える事で知られますが、オリゴ糖と異なる点はあります。それは、ビフィズス菌という善玉菌を食物繊維では増やせないという事です。オリゴ糖の場合、善玉菌のエサとなって善玉菌の数を増やしますので、お腹の調子を整えて行く事に期待出来るのです。

Q. 効果が出始めるのはいつから?

A. オリゴ糖を摂り始めて、効果が出るまでの早さには個人差があります。ただ、早い人ですと、1週間や2週間程度で実感出来るという事も多いようです。しかし昔から便秘などで悩まされているという方に関しては、もしかすると効果を実感するのに多少時間がかかるかもしれません。いずれにしても毎日使い続けるという継続が、腸内環境を正常にしていきます。

Q. 商品が合わない時はどうしたらいい?

A. 商品がアレルギーの関係、あるいは味が苦手だった等という場合には、メーカーによって返金保証が行われます。ただ、保証には数日の保証期間が定められていますので、購入前に必ず確認するようにしましょう。また、商品によって成分や飲みやすさの違いがありますので、別のメーカー商品を試してみるのも良いでしょう。

Q. 砂糖の変わりに使う事は出来ますか?

A. オリゴ糖の商品によって甘さが抑えられている事もありますが、粉末タイプであれば砂糖の変わりとして利用する事も可能です。もちろんお料理に砂糖代わりとして使う事ができます。手軽なのはヨーグルトやコーヒー、紅茶などに混ぜて飲むことですね。

Q. 何に混ぜて摂取するのが良いですか?

A. 何に混ぜてもオリゴ糖を習慣的に摂取出来れば良い事ではありますが、ヨーグルトに混ぜて食べられる方は少なくありません。ヨーグルトにも整腸効果が期待出来るので、オリゴ糖とヨーグルトを一緒に摂って行くと、どちらか片方を飲むよりも効果をさらに期待出来ます。オリゴ糖には優しい甘みがあり、カロリーが低いものも多いため、美味しくダイエット中でもご利用頂けます。

Q. 効果が出るのか不安で、手を出しづらいです。

A.不安な場合、返金保証があるメーカーのオリゴ糖商品を試してみるのも良いでしょう。返金保証の期間は10日間くらいが一般的ですが、中にはこれくらいの期間でも効果が現れるという方がいらっしゃいます。また、味が好みに合っていて続けやすそうだと思ったら、返品しないでにそのままお使いになるという事ももちろん出来ます。

Q. オリゴ糖とは?

A.オリゴ糖とは人間の健康の維持増進に機能性を発揮するプレバイオティクス素材です。オリゴとは少ないという意味で、ブドウ糖や果糖などの単糖が2個~数個結合した構造をしています。たとえばオリゴ糖の1つである乳果オリゴ糖(ラクトスクロース)は、乳糖(単糖)に果糖が1個繋がった三糖類に分類されます。腸内でビフィズス菌などの善玉菌を増やし、腸内環境を整えることで注目されています。

オリゴ糖とは

健康に良い成分として良く名前を聞くオリゴ糖ですが、実際にどんなものなのか良く分かりませんよね。今回はそんなオリゴ糖についての基本的な知識や、摂取することで得られる健康上のメリットなどを紹介したいと思います。

単糖がいくつか結合したもの

オリゴ糖というのは、単糖がいくつか結合したものを指します。単糖というのは糖を構成する最小の要素のことで、一般的にブドウ糖と呼ばれるグルコース、果糖と呼ばれるフルクトースなどがこれに該当します。そして、これらの単糖がいくつか結合したものをオリゴ糖といいます。

「オリゴ」という言葉には「少し」という意味があります。「少し」の単糖から構成される糖のことをオリゴ糖というのですね。ではこの少しというのはどの程度のことを指すのでしょうか。これについては、実は世界共通の定義はありません。2-20個を指すこともあれば3-10個を指すこともあります。ですので、おおよそこの程度の単糖が結合したものをオリゴ糖と呼ぶという認識で問題ありません。

オリゴ糖の種類はいろいろある

一言でオリゴ糖といっても、その種類は一つではありません。構成している糖によっていろいろな種類が存在しています。それらの中でも代表的なオリゴ糖はフラクトオリゴ糖でしょう。グルコース(ブドウ糖)にフルクトース(果糖)がいくつか結合したものをフラクトオリゴ糖といいます。またフラクトオリゴ糖のフルクトースの代わりにガラクトースが結合したものをガラクトオリゴ糖、グルコースが結合したものをイソマルトオリゴ糖といいます。このように、オリゴ糖にはたくさんの種類があります。ただし、基本的なオリゴ糖の特徴はそれぞれが共通して持っているということは知っておくと良いでしょう。

オリゴ糖はカロリーが低いのが特徴[1]

オリゴ糖は通常の糖とは一線を画した存在です。なぜなら、人間の消化酵素で分解されないからです。一般的にオリゴ糖と呼ばれる糖類は、人間の消化酵素で分解されにくいという性質を持っています。このような性質を「難消化性」といいます。一般的な糖類、たとえば砂糖は、小腸に存在するα‐グルコシダーゼという酵素によって単糖にまで分解されて吸収されます。またご飯の主成分であるデンプンは、唾液などに含まれるα‐アミラーゼによって分解された後に吸収されます。しかし、オリゴ糖はこれらの消化酵素によっては分解されません。そのままの形で大腸にまで達するのです。

そのため、一般的な糖類と比べてカロリーが低いのが特徴です。砂糖などの一般的な糖類は、1グラムあたりにおよそ4キロカロリーのエネルギーを持ちます。これは砂糖の持つグルコースやフルクトースなどの単糖が、体内で代謝される際に産生するエネルギーに由来しています。

それに対してオリゴ糖は人間の消化酵素では分解されないので、このようなエネルギーの産生のされ方はしません。オリゴ糖は人間の消化酵素によって分解されない代わりに大腸において発酵を受けます。その発酵の際には、短鎖脂肪酸であるカプロン酸などが産生されます。このカプロン酸が各組織に運ばれ、エネルギーとして使用されるのです。この短鎖脂肪酸によって回収されるエネルギーが、砂糖の産生するエネルギーの約半分、2キロカロリー程度に該当します。ですので、オリゴ糖のカロリーは砂糖に比べて低くなっているのです。

オリゴ糖の甘さは砂糖の50%程度

オリゴ糖はカロリーが低いのが特徴ですが、甘みも一般的な砂糖と比べて低くなっています。次の表を見てください。

表:各種甘味料の甘味度(出典[2]

種類 甘味度
サッカリンナトリウム 350 - 900
アスパルテーム 200 - 230
果糖 1.0 - 1.5
砂糖 1.0
ブドウ糖 0.6 - 0.75
カップリングシュガー 0.5 - 0.6
フラクトオリゴ糖 0.5 - 0.6
直鎖オリゴ糖 0.3

この表では、砂糖の甘味度を1.0として、その他の甘味料の甘味度が示されています。サッカリンナトリウムやアスパルテームなどの人工甘味料の甘味度は砂糖の何百倍もあるのがおわかりいただけるかと思います。肝心のオリゴ糖ですが、この表の中では、カップリングシュガーやフラクトオリゴ糖、直鎖オリゴ糖がそれに該当します。そしてその甘味度は、砂糖の50%程度となっています。

このことは、ダイエット目的でオリゴ糖を摂取する場合に注意しなければならないことを私たちに教えてくれます。オリゴ糖はカロリーが低い以外にも多くのダイエット効果を持っています。オリゴ糖を摂取し、腸内環境を整えることでダイエット効果が生み出されるのです。しかし、カロリーを減らす目的でオリゴ糖を摂取する場合は注意しなければなりません。確かにオリゴ糖のカロリーは砂糖の半分程度ですが、甘みもまた砂糖の半分程度などのです。つまり、砂糖をオリゴ糖で代用したとしても、砂糖を摂取していた際と同程度の甘みにしてしまった場合はカロリーカットにはならないのです。この点には注意しなければなりません。

ただし、先でも紹介しましたが、オリゴ糖は腸内環境を整える働きがあり、それにより間接的にダイエット効果がもたらされます。ですので、カロリーカットの観点から見た場合は、砂糖をオリゴ糖で置き換えることに注意が必要ですが、それ以上の健康やダイエットへの良い影響があるということは忘れてはいけないでしょう。

オリゴ糖は便秘解消に効果的

オリゴ糖を摂取する上での最も大きなメリットは便秘解消に効果を発揮するという点です。さきほど、オリゴ糖は人間の消化酵素で分解されないと紹介しました。消化されずにそのままの形で大腸にまで達するのでしたね。そして大腸で発酵を受けるのですが、その際に腸内に存在する善玉菌のエサにもなるのです。

善玉菌の代表はビフィズス菌です。名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。この菌が腸内に多く存在していると、便通改善効果や免疫力向上効果、また消化吸収を促進する効果もあるとされています[3]。オリゴ糖はこれらの善玉菌のエサとなり、腸内の善玉菌を増やす働きをします。その結果、便秘解消を初めとする各種健康効果をもたらすのです。

では、その効果はどの程度のものなのでしょうか。ここでは、オリゴ糖の摂取による便秘解消効果を検討した研究を紹介します[4]。この研究では、全部で15人の対象者に対して、フラクトオリゴ糖を摂取させ、排便までの平均日数を調査しました。その結果が次の食いラフです。

図:フラクトオリゴ糖摂取の便秘への効果(出典[4]

研究開始時においては、排便までの平均日数が5日以上あると答えた人が2人いらっしゃいましたが、フラクトオリゴ糖を摂取した際には0人になっていました。そして、研究が進んで、研究開始から28日が経過した際には、排便までの平均日数が4日以上の人は1人もいなくなりました。また、排便までの平均日数が多い人だけでなく、少ない人でも改善が見られました。これらから、オリゴ糖を摂取することで、便秘が改善されるという結果が得られました。

まとめ

今回はオリゴ糖についての基本的な知識をお伝えしてきました。オリゴ糖は砂糖とは全く違う性質を持っています。たとえば、砂糖のように人間の消化酵素によって分解されるわけではないので低カロリーなのが特徴です。ただし、甘みも少なくなっているので、ダイエットを目的として摂取する場合は注意が必要でしょう。オリゴ糖の最大の特徴はなんといっても便秘を解消する効果です。それに関する研究も紹介しましたね。便秘に悩む方は積極的に摂取したいところです。

参考文献

[1] Elia, M., and J. H. Cummings. "Physiological aspects of energy metabolism and gastrointestinal effects of carbohydrates." European journal of clinical nutrition 61.1 (2007): S40.

[2] 小田恒郎. "甘味料の機能と食品への利用." Science of Cookery 18.2 (1985): 87-93.

[3] 江崎グリコ. ビフィズス菌の基本 | ビフィズス菌BifiX(ビフィックス).

[4] Hidaka, Hidemasa, Yasuhito Tashiro, and Toshiaki Eida. "Proliferation of bifidobacteria by oligosaccharides and their useful effect on human health." Bifidobacteria and Microflora 10.1 (1991): 65-79.